ケージレイアウト

フトアゴヒゲトカゲ用ゲージを流木でレイアウト!オススメの販売店も紹介

流木とフトアゴヒゲトカゲ

先日お迎えしたフトアゴヒゲトカゲのくりとり氏

実際に飼育してみると様々な問題点浮き彫りになりました。

今回はフトアゴヒゲトカゲなどの爬虫類に必要な流木を探し、都内の流木販売店で購入したのでご紹介します。

あわせて読みたい
爬虫類初心者のフトアゴヒゲトカゲのお迎え
【人生初の爬虫類】フトアゴヒゲトカゲのお迎え!これはフトアゴヒゲトカゲをお迎えした時のお話。値段や飼い方、これからフトアゴをお迎えしようと考えている方へのアドバイスもあります。...

爬虫類ゲージに流木を設置するメリット

爬虫類ゲージに流木を設置するメリット

まず爬虫類やフトアゴヒゲトカゲのゲージに流木を設置する様々なメリットをご説明します。

  1. 立体的な行動が出来る
  2. フトアゴは半樹上棲なので本来は流木などの木の上を好む
  3. ゲージ内の温度勾配をつけやすくなる
  4. インテリア&見た目

ではそれぞれの項目を解説していきます。

爬虫類が立体的な行動ができる

シェルターとバスキングスポットだけでは立体的な行動が出来ません。

実際にくりとり氏を飼育して気づいたのがフトアゴはかなり動き回ります。ときにはゲージのガラスを登ろうとしたりかなり活発な子です。(個体差があると思います)

そういったことを考えると流木はマストなアイテムだと言えますね。

フトアゴヒゲトカゲは元々半樹上棲の爬虫類

フトアゴヒゲトカゲは半樹上棲なので流木は必須

自然界のフトアゴヒゲトカゲは木枝の上で生活する、半樹上棲という生態を持っています。

本来の姿を考えれば流木の上がリラックス出来るはずです。

ゲージ内の温度勾配をつけやすくなる

流木を設置することで、ゲージ内の温度に勾配を付けやすくなります。

流木を購入する前は「ワンチャン流木で温度勾配つかんかな…」程度でしたが、実際に設置してみると流木の効果を実感できました。

流木を設置する前のゲージ内で最も温度が低い場所は28.1℃でしたが、流木を設置した後は27.1℃でした。

流木を使いゲージ内の温度勾配をつける流木が日陰の役割をしてくれる

流木は見栄えがイイ

人間の都合ですが、やっぱり流木は見栄えがイイしカッコいいです。

くりとり氏のお迎え初日はコルクバーグを使用していましたが…う~む…

コルクバーグはカッコよさに欠ける

爬虫類倶楽部の店員さんもレイアウトにはこだわった方がいいと言っていました。生態への愛着が増し、ゲージ内の手入れもしっかり出来るからとのこと。

私はこだわりが強く、フトアゴのゲージをインテリアの一部としてカスタマイズしていきたい思いが強いので、流木は欠かせないアイテムです。

流木を販売している都内のショップ

アクアフォレスト新宿

フトアゴヒゲトカゲ用の流木を探すため新宿へアクアフォレスト新宿で流木探し

流木を探すためにアクアフォレスト新宿

アクアリウムのお店なので、流木の種類・数は爬虫類ショップより圧倒的に多かったです。そもそも流木を取り扱うショップは非常に少ないようで、取り扱ってても小さい流木だったり、数が少なかったり。

値段は平均1980円~6000円くらいまでの幅広いサイズの流木が販売されていました。

フトアゴヒゲトカゲ用の流木を探す多すぎて選ぶのが大変

色々な種類のモノがあり、見ているだけでも楽しめると思います。

爬虫類用のおすすめ温度計水陸両用の温度計も購入

サーモスタット付属の温度計だけではゲージ全体の細かい室度が分からないので、追加で2つ購入。フトアゴヒゲトカゲの温浴にも使えるので非常にオススメです。

アクアフォレスト新宿は水生生物専門なので温度計も豊富で店員さんも丁寧に説明してくれました。

この温度計を使い温浴させる様子、温浴のやり方は「フトアゴヒゲトカゲの温浴」をご参照下さい

あわせて読みたい
フトアゴヒゲトカゲの温浴と効果・やり方フトアゴヒゲトカゲを温浴させる方法と効果を紹介!暴れたり嫌がったりする個体、ベビーを温浴させる際の注意点解説します。...

フィッシュジャパン

流木を販売している都内のアクアリウムショップ「フィッシュジャパン」フィッシュジャパン

次に探しにいったのが練馬区にある「フィッシュジャパン」というアクアリウムショップ

フィッシュジャパンで販売されている流木流木の品揃え

流木の品揃えは良く、値段も良心的でしたがフトアゴヒゲトカゲのサイズに合ったものがなく、購入することはありませんでした。

フトアゴヒゲトカゲにおすすめのバスキングスートンを販売しているお店バスキングストーンに使えそうな石は豊富

しかしアクアリウムショップだけあって、レイアウト用の石の品揃えは豊富で爬虫類ショップの比ではありませんでした。

ここで買った「龍王石」や「溶岩石」は今でもバスキングストーンとして使う位気に入っています。

フトアゴヒゲトカゲのレイアウトにおすすめのバスキングストーン今でもお気に入り

フトアゴヒゲトカゲのゲージに流木を設置してみた

それでは本題の流木設置をしていきます~イクイク

まずはくりとり氏をコルクバーグ共にゲージから出し待機してもらいます。

フトアゴのゲージに流木を設置する前の準備01くり氏< あくしてくれよな~頼むよぉ~

次に購入した流木を設置します。

アクアフォレスト新宿で購入した流木の画像と値段購入した2つの流木/お値段8000円

この2つの流木を組み合わせ、くりとり氏が登りやすく&しがみつきやすい形状で設置していきます。

爬虫類ゲージに流木を設置した画像工事完了です。

流木の設置が無事完了しました。初めは警戒していたくりとり氏ですが、1分もしないで流木を気に入ってくれたようです。

フトアゴヒゲトカゲと流木いいゾ~コレ

この後バスキングスポットと流木を行き来して1日が終わりましたw

コルクバーグと比較しあきらかに気に入ってくれています。コルクバーグの上では殆ど生活していませんでしたが、流木に変えたところバスキングする以外は流木をメインの場所してくれたほど。

流木とフトアゴヒゲトカゲはぇ~すっごい
爬虫類とフトアゴヒゲトカゲええやん

拾ってきた流木は爬虫類ゲージに置いていいのか

拾った流木を爬虫類に使っていいのか

ここは賛否両論あると思いますが、私はしっかり処理すればいい派です。

しかし天然の流木にはどんな菌や寄生虫がいるか分かりません。生体のことを思うなら、しっかり煮沸消毒とアク抜きを行うべきでしょう。

ちなみに我が家ではショップなどで購入した場合でも煮沸消毒とアク抜きをします。なぜならあまり信用できないから。

その流木がどれだけの期間お店に置かれていたか、どれ程の処理をしたか消費者には分かりません。

なので私は念には念をいれて処理しますね。

まとめ

フトアゴのために急ピッチで流木を探したものの、完全に満足のいく流木を購入できたわけではありませんでした。

流木は完全に同じものが存在しません。なので今後も地道に流木探しを続けていこうと思います。

あわせて読みたい
フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト
フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトを流木と天然石でおしゃれに!流木や砂を使った砂漠風レイアウトから、自作木製ケージと擬岩バックボードを使ったワイルドなレイアウトを3つ紹介!...
あわせて読みたい
フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト
フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトをバックボードと流木でワイルドに!④擬岩バックボードや流木、天然石を使った誰でも簡単に出来るフトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトを紹介!...