フトアゴヒゲトカゲ

フトアゴヒゲトカゲの温浴と効果・やり方

「フトアゴヒゲトカゲを温浴させてあげたいけど、分からないことが多くて不安…」

「暴れたり嫌がったりして、温浴させてあげることが出来ない…」

なんて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、温浴に必要な物・温浴させる際の注意点、ベビーの温浴や嫌がる場合の対処方法を丁寧に解説していきます!

温浴の効果

温浴するフトアゴヒゲトカゲ

多くの飼育者が「フトアゴに温浴させるのは大切!」と言いますが、実際にどんな効果が期待出来る理解していますでしょうか。

実は「フトアゴヒゲトカゲを温浴させることで得られる効果は3つあります。

  1. 糞の排出を促進させる(便秘予防)
  2. 脱皮を促進させ、脱皮不全を予防出来る
  3. 汚れが落ち、体を清潔に保てる(臭いの予防)

便秘を予防出来る

フトアゴヒゲトカゲは体温が上がることで腸が活性化し、消化や脱糞を行います。その証拠として、バスキングスポット周辺で糞をしますよね。

そのことから温浴はフトアゴの体温を上昇させるため、温浴中に高確率で糞をしてくれます。

掃除も簡単になりますし、便秘の予防となり一石二鳥です。

脱皮不全の防止

脱皮中に温浴するフトアゴヒゲトカゲ温浴は脱皮を促進させる

脱皮中のフトアゴヒゲトカゲを温浴させるのは非常に効果的で、一度濡れてから乾燥することで自然に脱皮が促進されます。

結果的に脱皮不全」のリスクを下げ、予防にも繋がります。

脱皮中は温浴の頻度上げ、週3~4回温浴させています。

体を清潔な状態に保てる

温浴させることでフトアゴの汚れが落ちるよく見ると汚れが結構落ちています

フトアゴヒゲトカゲの体には床材やホコリ、時には自分でした糞を踏み大量の汚れが体に付着していることがあります。

一度乾燥してしまうと中々取ることは難しいですが、温浴でフヤケさせることで汚れを簡単に取り除くことが出来ます。

汚れが付いたままでは不衛生ですし、なによりハンドリングした際に細菌が手に付着し人間に害を及ぼす危険さえあります。

爬虫類を飼育する上で細菌の中でも「サルモネラ菌」は必ず知っておいた良いです。

爬虫類とサルモネラ菌

温浴の前に準備する物

フトアゴヒゲトカゲの温浴に必要な物①温浴容器 ②温度計 ③歯ブラシ ④タオル

次に温浴する際に必要なもの、あった方が捗るアイテムをご紹介します。

温浴に必要なアイテム
  1. 温浴用の容器(トレー)
  2. 温度計
  3. 歯ブラシ
  4. フトアゴを拭くタオル

温浴用の容器(トレー)

温浴させる容器は底が浅く、フトアゴヒゲトカゲが自分で出れる高さのモノが理想です。

我が家ではダイソー(100均)で売っている収納トレーを温浴容器として使っています。

温度計

お湯の温度を正確に測れる温度計は温浴させる上で必須です。特に瞬時に水温を測れる「デジタル水温計」がオススメです。

歯ブラシ

歯ブラシは体に付着した汚れを掃除するのに便利です。毛先は柔らかいものを使用しましょう。

タオル

温浴後、湯冷め防止に体を拭くタオルも必要です。我が家では水の吸収性に優れた「マイクロファイバークロス」を使っています。

温浴をさせてみよう!

それでは温浴に必要なアイテムや注意点が分かったところで、さっそく温浴にしてみましょう!

容器に温水を入れる

まず温浴用のトレーに温水を入れ、水温計で温度を計測します。水温は34~37℃位がベストです。

温浴しているフトアゴヒゲトカゲ

次にフトアゴヒゲトカゲを容器に入れたら完了です。

お迎え当時は温浴に慣れておらず嫌がることも頻繁にありましたが、今ではおとなしく温浴してくれます。

温浴中に嫌がったり逃げたりする場合、いきなり温浴させるのではなく両手でフトアゴを持ち、ゆっくりとお湯につからせると大人しく温浴してくれます。

フトアゴの体に付いた糞を掃除する足の裏に糞がビッシリ

最後に体に付着した汚れを落とします。

どうやら前日に自分でした糞を踏み、足の裏にビッシリとこびり付いているので綺麗にしてあげましょう。

歯ブラシを使い温浴させながら汚れを落とす

5分ほど温浴させ、汚れがフヤケてきたら歯ブラシで優しく擦ってあげるだけで簡単に汚れは落ちます。

強くこすり過ぎると皮膚を傷める可能背もあるため、力を入れずに優しくブラッシングしてあげるような感覚で汚れを落としてあげましょう。

温浴の容器から出ようとするフトアゴヒゲトカゲ終了の合図

くりとり氏は10分ぐらいすると自分で温浴をやめるため、それを合図に温浴は終了です。

マイクロファイバーでフトアゴの体を拭く体の水分を拭き取る

最後に湯冷めしないよう、体に付いた水分を「マイクロファイバークロス」で拭き取ってあげます。

体を拭かれるのを嫌がる場合、ハンドリングしながらやると落ち着くのでオススメです。

ベビーの温浴

フトアゴベビーの温浴

あわせてフトアゴベビーの温浴方法も紹介します。基本的にはアダルトと一緒ですが、ベビーは水を怖がることも多いため細心の注意を払いながら温浴させてあげましょう。

温浴するフトアゴベビー鉢底皿で温浴

お迎え後、初めて温浴させるときは「鉢底皿」などの底が浅く、ベビーでも自分の力で出られるサイズの容器で温浴させます。

嫌がるのに無理に温浴させた場合、成長しても水を嫌いになってしまう可能性があるためです。また、水深は「お腹が浸かるくらい」の浅めにして溺れないよう注意します。

温浴を嫌がるフトアゴヒゲトカゲに温浴させる方法まずは両手でゆっくり温浴

前述したように初めのうちは両手でゆっくり温浴させ、お湯に慣れさせていくことが大切です。

ベビーに温浴を慣れさせる慣れてきたら少しずつ手を離す

次に慣れてきたら手を離していき、最終的に一人で温浴出来るように慣れさせます。

暴れず嫌がりもせずに温浴するフトアゴヒゲトカゲのベビー

時間を掛け温浴させたこともあり、嫌がったり暴れることもなく温浴が出来るようになりました。

温浴後にベビーの体を拭く

ベビーは体が小さくあっという間に体が冷えるため、温浴後はタオルで素早く水分を拭き取ってあげます。

体を拭く際のコツとして、撫でるように拭くのではなくポンポンと軽く叩くように拭くと効果的です。

温浴容器から出るフトアゴヒゲトカゲのベビーFoo↑気持ちぃ~

温浴をさせる際の注意点

嫌がるor暴れる場合

Q嫌がったり、暴れたりしても温浴していいの?
A嫌がったりして逃げる場合に強要してしまうと、温浴に対し恐怖心が付き状況を悪化させてしまう場合もあります。
何日も掛けて水に慣れさせることが温浴をおとなしくしてくれる近道になります。

温浴の頻度

Q温浴の頻度は?週何回くらい?
A我が家では週2回」を基本とし、脱皮中は「週3~4回」の頻度で温浴させています。
しかし忙しい時は2周間以上温浴させないときもあり、それぞれ都合で調整するのが良いと思います。

温浴の時間

Q温浴は何分くらいさせていいの?
A爬虫類ショップに聴いたところ10分位がいいとのことで、それ以来10分前後の時間で温浴させています。
温浴を長時間させると水温も冷えるので長くても15分にしましょう。

温浴をさせる場所(蛇口・お風呂)

Q温浴はお風呂場や蛇口でさせてもいいの?
A初めて温浴させる場合、水に慣れさせるために浅めの容器でやることをオススメします。
慣れてきて嫌がらないのであればお風呂場や蛇口で温浴させても大丈夫です。

食後の温浴について

Q食後に温浴させたいけど大丈夫?
A食後の温浴は控えましょう。
人間と同じように食後は胃に血液が集中するため、最低でも1時間以上は時間を空けたほうが良いです。

夜の温浴について

Q夜に温浴させてあげたいけどいいの?
A夜の温浴はNGです。
人間は体が冷えることで徐々に眠くなるため、お風呂は寝る3時間前が理想とされておりフトアゴも同様です。
夜に温浴させてしまうと結構が良くなり覚醒し、生活リズムが乱れてしまう可能性があります。そのため遅くても夕方までには温浴させてあげましょう。

まとめ

温浴はやり方を間違えなければ、便秘の予防や体を清潔な状態に保て一石二鳥です。

これからフトアゴヒゲトカゲの温浴をさせる方はこの記事を参考にしながら挑戦してみて下さい。

あわせて読みたい
爬虫類飼育初心者がフトアゴヒゲトカゲを温浴させてみた!
【初めての温浴】フトアゴヒゲトカゲを入浴させてみた!歯ブラシで体をお掃除!フトアゴヒゲトカゲのくりとり氏をお迎えしてから2日が経ち、だいぶ環境にも慣れてくれました。 そこで今回は人生初の「フトアゴヒゲトカ...