おすすめの商品

爬虫類用床材「フトアゴサンド」を1ヶ月使ったレビュー&評価!

フトアゴサンドの使用レビューと評価

フトアゴヒゲトカゲをお迎えした当時から使用している床材「フトアゴサンド」を使い1ヶ月が経ちました。

実際に1ヶ月使ってみると予想外のデメリットや問題点が浮上してきました。

今回は爬虫類用床材「フトアゴサンド」の問題点やデメリット、どんな飼育環境にオススメできるのかをご紹介します。

「フトアゴサンド」のデメリット&問題点

「フトアゴサンド」を一ヶ月使って判明した問題点は3つ

問題点とデメリット

  • コスパが悪い
  • 餌皿が砂まみれになる
  • 糞の状態が分かりづらい

かなりコスパが悪く経済的ではない

「フトアゴサンド」はメチャクチャにコスパが悪いです。

「フトアゴサンド」一袋あたりの価格が1800円

幅60-90cmのケージに使う場合、股関節への負担を考え3cm以上の厚みを必要とするため2袋使うことになります。実質3600円

もちろん永遠に使えるものではなく、次第に臭いや取り切れない汚れが目立ってきます。なので1ヶ月~2ヶ月周期で総取り替えが必要です。

3600円×12ヶ月=43,200円/年

床材にこの金額はデメリットといってイイでしょう。DIYであれば自作ケージが2つ作れてしまう金額です。

この金額はあくまで毎月総取り替えした場合です。

臭いが気にならない方は3ヶ月以上使う方もいると聞きますが、匂いに敏感な私には無理でした。

あわせて読みたい
フトアゴトカゲの自作木製ケージ
フトアゴヒゲトカゲ用の木製ケージを自作した結果【DIY初心者】DIY初心者でも作れる、木製で簡単な爬虫類用(フトアゴヒゲトカゲ)の自作ケージの作り方をご紹介!必要な工具から材料まで丁寧に解説します。...

餌皿の野菜が砂まみれになる

フトアゴサンドは餌皿が砂まみれになります。

出来る限り手から野菜を与えていますが、仕事や休日で餌を直接あげられない時もあります。

そんな時に便利な置き餌ですが、フトアゴサンドを床材に使うと餌皿が砂まみれになり食べられなくなることが多発。

床材のフトアゴサンド一番酷いときは砂に餌皿が埋まりました

フトアゴのくりとり氏は生後6ヶ月前後。人間に例えると思春期にあたり、元気旺盛な時期です。

食後の運動量は凄まじく、ケージ内の床材を掻き散らしながら暴れます。そうすると画像のような状態になってしまうことも何度かありました。

フトアゴヒゲトカゲの餌やり野菜大好きくりとり氏

「フトアゴサンド」が植物性原料100%だとは言え、大量の誤飲は腸閉塞の原因になります。

安全面を考えても「フトアゴサンド」はあまりおすすめ出来ません。

糞が分かりづらい

「フトアゴサンド」だけでなく、砂タイプの床材全てに言えることですが糞に砂が付着し分かりづらくなってしまいます。

糞に砂が付着することで起こる問題は2つ

  • 糞の掃除がしづらい
  • 糞の状態が分からない

糞の掃除がしづらい

1つ目は「糞が掃除しづらい」こと。

フトアゴサンドのデメリット見逃してしまいがち

砂が付着したウンチは見えづらく、掃除中見逃してしまう可能性が高まります。

糞を放置すると臭いだけではなく、臭いが砂に付着するので交換期間も早まります。

不衛生ですし経済的にもデメリットになります。

糞の状態が分かりづらい

フトアゴヒゲトカゲの糞は「健康のバロメーター」と言われます。

フトアゴヒゲトカゲの糞ダイナミックフローリング野糞

例えばこの画像は健康的フトアゴヒゲトカゲのウンチです。しっかりと尿酸(白い奴)があり、柔らかすぎず形を保っています。

フトアゴヒゲトカゲの糞カボチャウンチ

逆に偏った食事をすると画像のような黄色ウンチになります。コチラは大好きなカボチャだけを与えた日の糞です。

2つの画像を比較し分かる通り、食事や健康状態により糞の状態は大きく左右します。

しかし、砂タイプの床材である「フトアゴサンド」を使うと砂が付着し糞の状態が確認出来なくなってしまうのです。

「フトアゴサンド」をオススメする飼育環境

フトアゴサンドのメリットやオススメしたい飼育環境を考えてみましたが1つしか思いつきませんでした。

砂漠っぽいレイアウトにしたい人

オーストラリアの砂漠オーストラリアの砂漠

唯一おすすめ出来るとことがあるとすれば、「砂漠っぽいレイアウト環境」を作りたいと思う方にですかね。

私もお迎え当初はその気持がありフトアゴサンドを選んだ背景があります。

フトアゴヒゲトカゲの生息地であるオーストラリアを再現できますし、ケージの中で砂漠が再現出来たらロマンがありますよね。

デメリットを取るか、インテリア性を取るか、床材選びの永遠の課題です。

フトアゴサンドを使った砂漠レイアウトフトアゴサンドを使った砂漠レイアウト例-1
フトアゴサンドを使った砂漠レイアウトフトアゴサンドを使った砂漠レイアウト例-2
フトアゴサンドを使った砂漠レイアウトフトアゴサンドを使った砂漠レイアウト例-3

結局、床材は「サンドマット」に買い替えました

爬虫類床材「サンドマット」

色々悩みましたが「フトアゴサンド」から「サンドマット」へ乗り換えました。理由は4つ

サンドマットに乗り換えた4つの理由

  • レイアウト効果が高い
  • コスパが良い
  • 砂ではないので糞の状態をしっかり確認出来る
  • 餌皿が砂まみれになることもない

「サンドマット」の使用レビューや評価などはまた別の記事で紹介させて頂きます。

【記事追加(サンドマットの1ヶ月使用レビュー&評価)】

まとめ

購入当初は良い床材だと思っても、実際に生体を入れ使ってみると予想外の問題が起きたりします。

それぞれの環境にベストな床材を選ぶには、実際に買ってみて使っていくのが一番の近道なのかもしれません。