ケージレイアウト

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトを流木と天然石でおしゃれに!

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト

フトアゴヒゲトカゲのケージは60cm-90cmあり、お部屋の中でも目立つ存在ですよね。なのでお洒落でワイルドなケージにレイアウトしたい!

今回はフトアゴゲージのレイアウトを流木と天然石と床材でおしゃれにレイアウトしていきたいと思います。

レイアウトはかなりセンスが問われるので余り期待しないでくださいね…

ケージレイアウトに必要なアイテム

まず最低限おしゃれなレイアウトに必要なアイテムを紹介します。

必須レイアウトアイテム
  • 流木
  • バスキングストーン(天然石)
  • 床材(ペットシーツ以外)

流木について

フトアゴヒゲトカゲのレイアウトに使う流木

流木は絶対必死レベル。これがなくては始まりません。

フトアゴヒゲトカゲをお迎えしたとき、一緒に購入する予定でしたが爬虫類ショップでは品揃えが悪く、アクアリウム専門的にて購入しました。

理想の流木が見つからなかったため、新宿のアクアリウムショップまで買いに行きました。

あわせて読みたい
流木とフトアゴヒゲトカゲ
フトアゴヒゲトカゲ用ゲージを流木でレイアウト!オススメの販売店も紹介先日お迎えしたフトアゴヒゲトカゲのくりとり氏 実際に飼育してみると様々な問題点浮き彫りになりました。 今回はフトアゴヒゲトカ...

バスキングストーンについて

バスキングストーンとは大きく分類し4つの種類があり、それぞれ長所短所があります。

  • 天然石 (木化石/晴黒石など)
  • レンガ
  • 溶岩石プレート
  • タイル

タイル

バスキングスポットのタイル

タイルの長所は機能性にあり、熱しやすく冷えやすい所。昼は40℃近くまで暖かくなり、夜はフトアゴが寝るのに丁度良い位に冷えます。

しかし、レイアウト効果が高くないことや値段が高い(アダルト個体なら何枚も必要)ことがありイマイチでした。

後述する「溶岩石プレート」と非常に機能性が似ており、あちらの方がレイアウト効果が高いので、現在は溶岩石を使用しています。

タイル1枚:500円程(浅草ブラックアウトにて購入)

レンガ

爬虫類倶楽部などでも「レンガ」をバスキングスポットとして使っている所は多く、入手がしやすいこと・値段が安価なことなどが挙げられます。さらに面が均一なのでフトアゴが体を温めやすいです。

しかしワイルドなケージレイアウトを目指す私にとって、値段よりレイアウト性にこだわりたいので保留としました。

レンガ1個:300円(ホームセンター)

溶岩石プレート

フトアゴのケージレイアウトに使うバスキングストーン

溶岩石は園芸やアクアリウムで幅広く使われるもので、熱しやすく冷めやすい特徴を持ちます。

さらにかなり高温(40~45℃前後)まで上昇するため、これ単体では推奨されませんが後述する天然石と組み合わせることにより欠点を補完できます。

溶岩石1kgセット:1000円(アマゾン)

天然石

フトアゴヒゲトカゲのケージ内レイアウト

多くの種類のバスキングストーンを試した中、私は「天然石」を選びました。

フトアゴヒゲトカゲのレイアウトにおすすめのバスキングストーン

温まるのに時間がかかるデメリットがありますが、溶岩石と組み合わせることで、その問題も解決でき、レイアウト性もこの上なく高いです。

以上のことから天然石+溶岩石プレート」=最高のケージレイアウトになります。

特大天然石1個:2000円(爬虫類ショップ)
龍王石1個:500円

床材について

我が家の床材は「フトアゴサンド」という床材を使っています。

フトアゴのケージをワイルドでお洒落にしようと考えたとき、フトアゴヒゲトカゲの原産地であるオーストラリアの乾燥した砂漠をイメージしました。

天然砂でも良いのですが誤飲の危険性があるので、誤飲しても安心な「植物性原料100%」である「フトアゴサンド」を使用します。

後述しますが現在は床材に「サンドマット」を使用しています。

なぜ「サンドマット」に切り替えたのかは下記のレビューをご覧ください。

あわせて読みたい
フトアゴサンドの使用レビューと評価
爬虫類用床材「フトアゴサンド」を1ヶ月使ったレビュー&評価!フトアゴヒゲトカゲをお迎えした当時から使用している床材「フトアゴサンド」を使い1ヶ月が経ちました。 実際に1ヶ月使ってみると予想外...

幅60cmケージのレイアウト

では幅60cmのケージをレイアウトしていきましょう。後半に幅90cmのレイアウトをご紹介します。

床材には「フトアゴサンド」を使用

まずは床材を敷いていきます。床材に使用するのは「フトアゴサンド」という爬虫類用の床材です。

「フトアゴサンド」の特徴は植物性原料100%だということ。見た目も重視したいですが、それ以上に生体のことを思い購入しました。

床材にはフトアゴサンドを使うフトアゴサンド

かなりいい感じの色味ですね。イメージしていた砂漠に一気に近づきました!

床材を実際に手に取ると非常にきめ細かく、サラサラしています。

フトアゴサンドの画像天然砂に近い感じ

非常にきめ細かいので、誤飲しても多少なら問題なさそうです。

あわせて読みたい
フトアゴヒゲトカゲのおすすめの床材
【比較】フトアゴヒゲトカゲにおすすめの床材を徹底比較!選び方やメリットなど床材選びってフトアゴヒゲトカゲを飼育する上で誰しもが一度は迷うところですよね。私もフトアゴをお迎えしとき一番迷ったところでもあります。 ...

バスキングストーンには天然石を使用

ケージレイアウト使うバスキングストーン天然石(木化石)

バスキングストーンには天然石の中でもワイルドな見た目の「木化石」という石を使います。

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト完成がみえてきた

木化石の赤みがかった色合いがまるで、エアーズロックのような雰囲気でいい感じ。

バスキングするフトアゴヒゲトカゲエアーズロック on くりとり氏

当初心配していた温度不足の懸念も問題なく、無事バスキングしてくれたようです。

流木を設置してレイアウト完成

上の画像ではコルクバーグを設置していますがダサすぎたので流木に変更。

爬虫類ショップでは流木の取り扱いが少なく、アクアリウムショップで探したところいい感じのものが見つかり一安心。

あわせて読みたい
流木とフトアゴヒゲトカゲ
フトアゴヒゲトカゲ用ゲージを流木でレイアウト!オススメの販売店も紹介先日お迎えしたフトアゴヒゲトカゲのくりとり氏 実際に飼育してみると様々な問題点浮き彫りになりました。 今回はフトアゴヒゲトカ...
ケージレイアウトに使う流木2つで8000円は高すぎィ!

流木は購入する販売店により大きく前後しますが、大きく密度のある流木はそれなりのお値段がしますね。

フトアゴヒゲトカゲのケージ内レイアウト

初めはそわそわして近づかなかったものの、次第に馴れていくにつれ…

流木に乗るフトアゴヒゲトカゲこれにはご満悦の様子

すっかり流木を気に入ってくれたようです。

さらにケージの幅が60cmと狭くシェルターを設置できずにいましたが、流木の裏がくりとり氏のシェルター代わりになってくれました。

フトアゴサンドの上で生活するフトアゴヒゲトカゲええやん

幅90cmケージのレイアウト

ここまでは既成品の幅60cmケージでのレイアウト方法でしたが、ここからは自作した幅90cmの木製ケージ内をレイアウトしていきます。

あわせて読みたい
フトアゴトカゲの自作木製ケージ
フトアゴヒゲトカゲ用の木製ケージを自作した結果【DIY初心者】DIY初心者でも作れる、木製で簡単な爬虫類用(フトアゴヒゲトカゲ)の自作ケージの作り方をご紹介!必要な工具から材料まで丁寧に解説します。...

床材を「サンドマット」に変更

フトアゴヒゲトカゲにおすすめの床材

フトアゴサンドのレビューで書いたように、あの床材には多くの問題点が判明したため床材を再度検討し、「サンドマット」という床材を使うことにしました。

サンドマット

まずサンドマットを敷いてから

フトアゴヒゲトカゲの床材にペットシーツを使う

バスキングスポット周辺にはペットシーツを使います。当初はペットシーツを全否定していましたが、糞掃除のしやすさを考慮した結果です。

全面ペットシーツではレイアウト性が低くなりますが部分的であればレイアウトに支障がないのでオススメです。

バスキングスポットの設置

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト下に敷いてある黒いものが「溶岩石」

こちらでも同様に天然石を使い、さらにその下に溶岩石を敷くことで下からの保温を可能にしています。

これにより天然石と溶岩石の短所を打消しあってくれ、最適なバスキングスポットが実現出来ました。

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト

念のため予備のバスキングストーンを用意しておき、不測の事態に備えておきます。(主に糞)

流木を設置

フトアゴヒゲトカゲに最適な流木

自作ケージでも同じ流木を使いまわします。60cmケージだと手狭でしたが90cmだと丁度いいスペースにおさまりました。

フトアゴヒゲトカゲと流木

どうやらくりとり氏も気に入ってくれたようです。

フトアゴヒゲトカゲのケージを流木でレイアウトブラックアウトで手に入れた破格の流木

さらに立体行動が出来るように、高台に行くための特大流木も設置しておきます。

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトの全体図完成!

床材を変えたりと、色々ありましたがいい感じにレイアウトがまとまりました。以前よりメンテナンスしやすくなり、フトアゴも気に入ってくれたようで安心。

自作擬岩バックボードを使ったレイアウト

自作ケージに続き、フトアゴヒゲトカゲのために「擬岩バックボード」を自作したので、それを使ったレイアウトをご紹介します。

作り方は爬虫類用の擬岩バックボードの作り方をご覧ください。

擬岩バックボードを使ったフトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト寝床・シェルター・高台を完備したオールインワンバックボード

レイアウトのやり方はシンプルで、先程紹介した自作ケージのレイアウトに「擬岩バックボード」を設置しただけですが、ガラッと雰囲気が変わりました。

フトアゴヒゲトカゲが大好きな立体行動が出来る作りにしており、流木一体型のバックボードにすることでワイルドで野性味溢れレイアウトになっております。

擬岩バックボードにでくつろぐフトアゴヒゲトカゲ頂上でくつろぐ、くりとり氏

ただ流木を置いていた時とは違い、立体行動が出来るようにレイアウトしたおかげで活発にケージ内を動くようになり運動不足も改善できそうです。

生体ごとに細かなギミックにこだわれるのも自作ならではの強みですね。

大型木製ケージのレイアウト

フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト

フトアゴベビーをお迎えしたことを機に、自作ケージを新調しレイアウトも一新しました。

かなり長い内容になるため、レイアウトの詳細は下の記事でご覧ください↓

あわせて読みたい
フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウト
フトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトをバックボードと流木でワイルドに!④擬岩バックボードや流木、天然石を使った誰でも簡単に出来るフトアゴヒゲトカゲのケージレイアウトを紹介!...
フトアゴヒゲトカゲが仲良くバスキングする様子圧倒的ッ…体格差!

レイアウトに掛かった費用

  • バスキングスポットの天然石 – 2000円
  • 溶岩石プレート – 1000円
  • フトアゴ(床材) – 1800円×2
  • サンドマット(床材) – 4000円
  • 流木2個 – 8000円
  • 擬岩バックボード(自作) – 21,100円

見た目にこだわらならければ費用は抑えられますが、レイアウト重視で揃えようとすれば高額になってしまいます。

床材は仕方ないにしろ、流木やバスキングストーンなどの定価がないものはもう少し費用を抑えたかったですね。次回以降レイアウトを変更する時は、この辺もしっかり検討したいですね。

まとめ

フトアゴヒゲトカゲの寝顔そしてこの寝相である

レイアウトって人それぞれの趣味嗜好があり、画像を見ているだけでもワクワクしますよね。

私のようにこだわりたいタイプの人間はDIYで自作すると満足のいくレイアウトが出来るのでオススメです。

今のアナタにおすすめ